古希のお祝いに贈りたい心に響くメッセージ例文をご紹介

古希のお祝いに贈りたい心に響くメッセージ例文をご紹介

古希のお祝いに贈りたい心に響くメッセージの例文をご紹介

古希のお祝いにメッセージを贈りたいなら、ある程度の形を知っておくことは大切です。
伝えたいことはたくさんあるかもしれませんが、まずはお祝いの気持ちから伝えてくださいね。

 

家族なら愛情のこもったものを

 

古希祝いのメッセージであれば、何よりも先におめでとうというお祝いの気持ちが最初に来るべきです。
それがはっきりと伝わってさえいれば、他の部分は付け足しのようなものですから、深く考える必要はありません。

 

特に親や祖父母などのように身近な家族に送る場合は、おめでとうだけでも十分なほど。

 

ただそれだけでは寂しいメッセージになってしまいますので、プレゼントに関して触れたり、これからの活躍に期待している気持ちを書くと良いでしょう。
特別な言葉が求められるような関係ではありませんから、素直な気持ちで、これまでの感謝としてプレゼントを贈ったことを伝えるのです。
その上で、これからも元気でいてほしいことが書けていれば、素晴らしいお祝いメッセージとなってくれることでしょう。

 

家族以外にはフォーマルな文章が必要

 

身近な家族であれば、大切なのは気持ちが伝わることだったのですが、家族以外の場合は文章も形式を考えて、フォーマルなものにする必要があります。

 

ただし基本的に伝えたい事は変わりませんので、敬語にしたり、文章でしか使われない言葉を選んだりすれば大丈夫ですよ。
おめでとうのメッセージなら、古希をお迎えになられましたこと、心よりお慶び申し上げます、などが無難で良いでしょう。
この後に贈り物に関する記述を加え、最後にまだ若いことや元気でいて欲しいという意思が伝えられれば用は足りていると考えられます。
例えば「お体に気をつけて、元気で過ごされますことを心より祈念いたしております」などと結べば、失礼もなく安心して贈ることが出来ますね。

 

当然のことではありますが、相手によって文章は変えるべき。
どのような場合であっても、お祝いしたいという気持ちやこれからの幸せを祈るという気持ちがあれば、きっと伝わるお祝いメッセージが作れるはずですよ。

トップへ戻る