古希のお祝いはいつすればいい?70歳古希祝い、最近の傾向

古希のお祝いはいつすればいい?70歳古希祝い、最近の傾向

お祝いはいつすればいい?70歳古希の場合、最近の傾向

古希のお祝いが70歳に行われると知っていても、そのタイミングをいつにすべきかは考えどころ。
多くの人がどのような傾向を持ってお祝いの日を選んでいるのか、知っていれば選ぶのにも迷わなくていいですね。

 

70歳は数え年で考える

 

現在の年齢は誕生日が来るたびに年齢が増えていく、満年齢という数え方で数えますが、昔は計算の仕方が違っていました。
年齢は正月を迎えるたびに増えるものとされ、生まれたその時から1歳として数えるのが数え年という年齢計算の方法です。
つまり、産まれた瞬間に1歳になりますから、最初に迎えた元旦を過ぎた時点で2歳になるということですね。
産まれてから過ごした年がどれだけあったのかを数えていると考えれば、分かりやすいでしょう

 

古希の場合は数え年で年齢を計算しますので、満年齢では69歳のときにお祝いをすることになります。
数え年ですから誕生日は関係なく、その年の1月1日から大晦日までの間にお祝いをすればいいということですね。

 

タイミングは人が集まるときに

 

お祝いをすることができる期間はこれではっきりしましたが、実際にお祝いするタイミングも重要です。
せっかくお祝いの席を設けたとしても、たくさんの人が集まることのできない時期では、少人数でのお祝いになってしまいますね。
その為、最近の傾向としては長期休みの期間を利用して、お祝いの食事会などをする人が増えているようです。

 

例えば正月やお盆などは毎年変わること無く、家族の多くが集まる時期ですから、自然に参加者を増やせますね。
また最近ならゴールデンウィークやシルバーウィークも、長期休みとしてお祝いのタイミングに適していると言えるでしょう。
時間が確保できる人が増えますので、遠くで暮らしている人でも集まりやすく、賑やかなお祝いにできるはずです。

 

何かの区切りでお祝いをしても構いませんが、やはりお祝いで重要なことはたくさんの人が参加できることでしょう。
祝ってもらう側の人にとっても、できるだけ多くの人に集まってもらえたほうがきっと満足できるものになリますよ。

トップへ戻る