70歳古希のお祝いにいくら使ってる?一般的な金額相場について

70歳古希のお祝いにいくら使ってる?一般的な金額相場について

70歳古希のお祝いにいくら使ってる?一般的な金額相場について

70歳を迎えることが出来たお祝いの古希ですが、プレゼントにどれだけの予算を用意するべきなのかは迷いどころですね。
一般的に選ばれている金額を調べておきますので、これらの範囲内でお祝いを行えば問題となってしまうことはないでしょう。

 

身近なら1万円以上が相場です

 

最も身近で古希のお祝いをする相手になると言えば、両親ということになるでしょうが、この場合最低でも1万円程度は確保しておく必要がありそうです。
最も多くの金額でプレゼントをしている場合には10万円という意見もあったようですが、これは高すぎと言っていいはずです。
親としてもあまり無理をしたのが分かるようなプレゼントを貰っても、素直に喜ぶことは難しいでしょうから、無理のない範囲で予算確保して下さい。

 

もしも高価なプレゼントを贈りたければ、兄弟などで持ち寄って共同のプレゼントとして渡すと良いでしょう。
同じように身近な人といえば祖父母も考えられますが、この場合もやはり1万円以上が相場。
孫に無理をされて喜ぶ相手ではありませんので、金額が安めでも心を込めてプレゼントしてあげて頂きたいものです。

 

親戚や会社の元上司などなら

 

身近な家族以外が古希を迎えたお祝いなら、5000円ほどが相場となるでしょう。
おじさんやおばさんのように、従兄弟で一緒にプレゼントを考えることができる相手なら、相談して決めると高価なものでもプレゼント可能に。
同様に会社の元上司なら、一緒にお世話になった部下たちが共同でプレゼントするようにすればいいでしょう。
一人あたりが5000円ほどであったとしても、たくさんの人数が集まれば大きな金額になりますから、きっと満足してもらえるプレゼントが用意できますよ。

 

これまでに古希のお祝いを体験したことのある人なら相場もわかりますが、初めてではどれだけが必要なのかは判断しにくいもの。
一緒にプレゼントを贈る人たちと相談し、無理のない範囲で喜んでいただけるものを贈りたいですね。

トップへ戻る