古希の祝いの色は何色?

古希とは数え年で70歳となった時のお祝いです。昔は今よりも平均寿命が短く、70歳まで生きる人が希だったことから、古希と呼ばれるようになりました。

 

長寿のお祝いは、還暦を除いて基本的にはすべて数え年ですが、最近は満年齢でお祝いするケースが増えています。数えで数えることは少なくなっていますからね。

 

医療技術が進歩とともに平均寿命がグンと伸びています。70歳を迎えてもまだまだ元気な人も多いですよね。今後は長寿のお祝いをする機会も多くなっていくでしょう。

 

70歳のお祝い色

長寿のお祝いには、しきたりとして祝いの色があります。有名なところでは、60歳還暦のお祝いの赤。赤いちゃんちゃんこを贈ることはよく知られています。

 

 

70歳古希のお祝いの場合は「紫」です。では、どうして紫が選ばれているのか、由来についてまとめてみることにしましょう。

 

紫は特別な色

現在では、おしゃれな色として服装に取り入れる人が多い紫色。昔は位の高い人以外、身につけることを許されなかった色です。そのため、特別な色という意味合いを強く持っていて、長寿への敬意を表す色と考えられたことから古希のテーマカラーとなりました。

 

元々古希は、70年も生きることが稀だった時代に、中国の詩人が詠んだことから生まれた言葉。古来は稀だったので、古希と名付けられました。現代では平均寿命が伸び、多くの人が迎えられるお祝いになりました。しかし、昔からの特別という意味は失われていません。だから、今でも紫をテーマカラーとして選んでいるのです。

 

紫はプレゼントで表現しましょう

還暦には「生まれ直し」という意味があって、赤いちゃんちゃんこを着用しますが、古希には、そのような関連性がありません。だから、ちゃんちゃんこを着ることに、それほど特別な意味はないのです。ただ、お祝いの席を盛り上げるために、紫のちゃんちゃんこを着てもらうケースが多くなっています。

 

ちゃんちゃんこを着て記念写真を撮れば盛り上がるのは確かですが、あとの処理に困ってしまうことも。でも今では、ちゃんちゃんこのレンタルもあります。上手に活用して、お祝いを楽しみたいものです。

 

紫のプレゼント

紫のプレゼントと言えば、宝石などが思い浮かべる方もいるでしょうが、花束も素敵なプレゼントになります。特に女性の場合は、花束を喜ぶ方が多いです。紫をアクセントにしたお花を贈ってみても良いでしょう。

 

紫のプレゼントは、記念の財布など多くの種類から選べます。古希を迎える人が欲しがっているものを選んであげてください。

 

現代では色の意味も変わってきましたが、古くは非常に高貴な色だった紫。特別なお祝いとするためにも、ぜひテーマとなる紫色を活かしたプレゼントを用意していたいですね。

 

 

気をつけたいこと

小物などをプレゼントされるのなら、全体が紫でなくとも、一部でも紫が使われているものも素敵。ただ最近では70歳と言っても、まだまだ元気な人が多いです。あまりにも老人っぽいものを贈ると、かえって機嫌を損ねてしまうケースもあります。そのあたりは、気をつけてくださいね。

 

贈り物は、喜んでもらえることが一番大事です。そこを一番に考えましょう。基本的には、70歳を迎える人が主役です。本人の意志を尊重して、贈り物をしたり、祝宴を開いたりするようにしたいですね。

古希のお祝い贈り物ランキング

古希のお祝い選びに迷ったらこちらのランキングを参考にしてください。