父母の古希祝いプレゼントには何がいい?今人気の激アツな贈り物は

父母の古希祝いプレゼントには何がいい?今人気の激アツな贈り物は

古希祝いのお花といえば?古稀にふさわしいお花の選び方

70歳のお祝いとして花を贈るのなら、古希祝いのテーマカラーとも言える紫の花がおすすめです。
女性なら特に花束を贈られて喜ばない人は少ないでしょうから、良い思い出の品になるでしょう。

 

 

紫の花束で古希祝い

 

現在なら紫の花はたくさんの種類を、花束としてまとめて贈ることができるようになりました。
普通ならバラのように赤や白の花でも、改良されているのか紫のものが出回っていますね。
紫と言っても濃いキツメの色のものばかりではなく、もっと白っぽい明るい紫のものも多く選べますから、優しい色合いでまとめてみてもいいでしょう。

 

またお祝いの時期によっては、あじさいのような花も華やかできれいですね。
もちろん紫を選択できますから、ぜひ紫色を選んでいただければと思います。
シンプルに1種類でまとめてみてもよいでしょうし、複数の種類で花束を作ってみても見栄えは十分。
古希のお祝いですから70本の花で作れば、お祝いらしい立派な花束となるはずです。

 

プリザーブドフラワーで手軽に

 

きれいな花束をもらっても、世話の手間がかかってしまいますし、きれいな時間が短い点は残念ですね。
長く綺麗な花を楽しんでもらいたいなら、プリザーブドフラワーを選んで見るのも一つの方法です。
花をそのまま脱色作用と脱水効果の有る液体につけて乾燥させ、それに着色したものですが、色鮮やかなドライフラワーと言えば分かりやすいでしょうか。

 

見た目は生花にも劣らないほどのみずみずしさを持ちながら、水を与えるなどの世話が必要ありませんし、美しさも長持ちしますよ。
花としての単価は高くなってしまいますが、その分は長い期間楽しめますので、喜んでもらえるプレゼントとなるはずです。
手軽で手を煩わせないプレゼントとして、最近は人気の贈り物になっているのです。

 

古希を迎えた女性なら、きっと喜んでもらえる花束の贈り物。
扱いやすさも加わった便利な物もありますので、古希祝いとして贈ってみると良いですね。
手渡すお祝いの席も、きっと華やかなものにしてくれることでしょう。

古希のお祝いに色紙をプレゼント。その書き方とおすすめのサービス

古希祝いのプレゼントとして、感謝のメッセージを書いた色紙を選んでみてはいかがでしょうか。
大人数で寄せ書きにしても、たくさんの人から送られたメッセージがひと目で見られますから、記念の一品となることでしょう。

 

色紙は様々なデザインがあります

 

色紙と一言で言っても、最近は様々なデザインが用意されていますね。
古希祝いのプレゼントとして贈るなら、やはりお祝いなのですから明るいデザインのものを選ぶべきです。

 

その上で似顔絵などが依頼できるのでしたら、ぜひ趣向を凝らした色紙にするためにも利用してみることをおすすめします。
メッセージが入った色紙だけでも良い記念ではありますが、そこに丁寧な似顔絵まで書き込まれていたのであれば、一生モノになることでしょう。
似顔絵作成は、作成してくれる業者に写真を送るだけで依頼できますから、注文するのも簡単。
ネットで探せば、簡単に見つけることができるはずですよ。

 

メッセージは心を込めることが最も大切

 

デザインが決まったら肝心のメッセージを書き込むことになりますが、これは何より心からお祝いしたいという気持ちが大切な部分。
兄弟や家族などでメッセージを書き込むなら、おめでとうという気持ちの現われるお祝いの言葉と、元気に過ごす未来を期待している言葉が必要です。
たくさんの言葉を書き込むことは出来ませんから、シンプルでも構いませんので、気持ちを言葉に乗せるつもりで書きましょう。

 

たくさんのお祝いメンバーで寄せ書きにするなら、なおさら短文で気持ちを伝える必要が出てきますね。
「古希おめでとうございます、これからも健康でお過ごしください」程度の短い文面が限界となってしまうでしょう。
それでもたくさんの人からメッセージが寄せられていれば、主役もきっと喜んでくれるプレゼントになるはずですよ。

 

長寿祝いとして色紙をプレゼントするなら、どれだけスペースが無くてもおめでとうだけは伝えてくださいね。
お祝いしたいという気持ちが、最も重要なものなのですから。

古希祝いプレゼント父・祖父・男性には

父・祖父(男性)が古希を迎えたお祝いにプレゼントを贈るなら、父・祖父(男性)が受け取って嬉しいものを渡してあげるのが基本。
プレゼントの人気ランキングもあるくらいですから、それも参考にして好みのものを選んであげてくださいね。

 

お酒が好きなら特別なお酒を

 

これまでも晩酌を楽しんできたお父さんお祖父ちゃんは多いでしょう。
そのためかプレゼントされて「とても嬉しい」と言われているのがお酒です。

 

選ぶお酒は、古希のお祝いの席にふさわしい特別な銘柄もよいでしょうし、趣向を凝らして特別なお酒も考えられます。
普段は買わない、全国的に名の通った銘柄を選べば、お酒の好きなお父さんお祖父ちゃんはきっと喜んでくれるはず。

 

名入りもおススメ。本人の名前入りでお酒を用意するのも人気です。
名入りのお酒は特別な贈り物として、古希祝いに華を添えてくれますよ。

 

ワイン

古希になるお父さんにプレゼントするなら、落ち着いたお酒としてワインを選んでみてはどうでしょうか。
せっかくの古希という記念日です。
いつもは飲めないような特別なワインを贈ってみましょう。
年代物で熟成されたワインなら、お祝いの日にピッタリですよ。

 

古希祝いに用意するのなら、生まれ年と合わせてワインを選んでみても面白いかもしれませんね。
70年という長い期間を熟成され続けたワインであれば、深みも増しているはずです。
主役であるお父さんが産まれた年に作られたワインなので、過ごしてきた時間は同じ。
これまで歩んできた人生をふり返り、感慨深く味わってもらえます。

 

ラベルに印刷してもらう

 

記念として購入するなら、ラベルにも趣向を凝らしてもらうと喜んでもらえます。
お祝いのためにラベル印刷をしてくれる販売店で、メッセージを入れてもらえば、良い記念になるはず。
お父さんの名前を入れてもらえば、特別なプレゼント感がでてきます。
封を切る瞬間が楽しみになるでしょう。

 

中には写真が印刷されたラベルを貼ってくれるお店もあります。
そちらでお願いすれば、記念日によく合う楽しいワインになりそう。
包装を解いた瞬間に、驚きと喜びがこみ上げてくる父親の顔を見ることができますよ。

 

また、写真を送って似顔絵を書いてもらえるサービスもあります。
オリジナルワインとしてプレゼントしてみてはいかがでしょう。

 

年代的には日本酒や焼酎を飲む人が多いとは思いますが、ワインだって特別な日に最適。
お父さんが好む味を知っているのなら、ワインの銘柄も厳選して、古希プレゼントをしたいものですね。

 

趣味用品をみんなでプレゼント

 

元気な方ならゴルフを楽しんだり、釣りに出かけたりとアウトドアを楽しむ人も多い年齢。
ゴルフ用品は一つ一つが高価ですから、家族や親戚などで予算を集めて、高性能なものをプレゼントしてみてもいいですね。
これからも元気に楽しんで欲しいという思いも伝わります。
とても喜ばれるプレゼントです。

 

また釣りが好きなら、海水でも防水性能を発揮できる腕時計などはいかがでしょうか。
デザインも若い人向けのものが多く販売されています。
年齢を忘れて楽しむという意味でもプレゼントに向いていますよ。
ただし、腕時計には勤勉のイメージもあります。
フォーマルな席では避けたほうが無難かもしれませんね。

 

父親や祖父、会社の上司など男性の古希祝いプレゼントでは、本人が欲しがっていたり役立つものが一番。
タブーだけを避けて欲しいものをプレゼントしてあげてくださいね。

母・祖母(女性)に喜ばれている古希祝い

古希を迎える母・祖母(女性)にプレゼントするなら、定番の品ではパッとしませんよね。
意外と感じるものをプレゼントすれば、喜んでもらえる可能性は高くなります。

 

花束の代わりにプリザーブドフラワー

 

お祝いのプレゼントとして花束を贈るのは、一般的で定番の贈り物です。
古希ですから紫色の花束にすれば、お祝いの内容にあったものとなるのは確か。
でも、ありきたりという感じは拭えません。

 

 

そこでおすすめしてみたいのが、花束の代わりにプリザーブドフラワーをプレゼントすること。
見た目にはまるで生花のようなイキイキとした花でありながら、その実は乾燥させてあるドライフラワーのようなものですから、扱いが簡単です。
水を与えなくても枯れてしまうことはありません。
きれいな状態が長く見続けられる点でも大きなメリットです。
紫に染め上げたものをまとめて貰えば、母・祖母(女性)が喜ぶ意外な贈り物となってくれるはずですよ。

 

自由デザインの財布をプレゼント

 

プレゼントの中には、記念の品としていつまでも思い出に残るよう、名前を入れてくれるものもたくさんあります。
財布でも同じように名前入り品は多いです。
中にはデザインから自由に作れる変わり種財布も。
財布の形自体はラウンドファスナータイプとL型ファスナータイプの2種類に限られますが、色は自由に設定が可能なサービスもあるのです。

 

女性なら好みの色が決まっているでしょうから、その色を基調としたデザインにすれば、普段の服装にもピッタリのアクセサリーとして機能しますよ。
もちろん名前を内側に書き入れてもらえますので、世界にひとつだけの財布をプレゼントできます。

 

母・祖母(女性)へのプレゼントは悩みますが、無難な定番商品を贈っても、驚いてもらうことは難しいでしょう。
古希のお祝いなのです。
普段はあまり見ることが出来ないような贈り物で、驚きも合わせてプレゼントできるといいですね。

苦労をかけたお母さんの古希。プレゼントで感謝を伝えよう

お母さんが70歳の古希を迎えるのであれば、これまで頑張って支えてきてくれたことのお礼にプレゼントで感謝を伝えましょう。
常に家族のことを一番に考えてくれたお母さんなのです。
今までの頑張りに値する贈り物を用意してあげたいですね。

 

女性なら花のプレゼントは嬉しいもの

 

定番のプレゼントですが、花束などお花の贈り物はきっと喜んでもらえます。
プレゼントしたお花が古希祝いの場にも華やかさを作り、場を盛り上げるアイテムとなるはず。
古希のテーマとなる色に合わせて、紫色の花をまとめて贈れば、古希祝いにもぴったりですね。

 

身につけるものでお祝いの気持ちを

 

いくつになっても女性は女性。
やはり身につけるアクセサリー等は、プレゼントの定番となります。
紫色の宝石をあしらったネックレスやメガネチェーンなど、普段から身に着けやすいものを選んであげると喜ばれるでしょう。
石は紫色のものでサファイアやアメジストなどが、テーマカラーにぴったりですね。

 

また普段から使うものとして、特別な財布を選んであげるのも一つの方法です。
色を自由に選んで組み合わせることのできる、イージーオーダーシステムを採用しているお店もあります。
そこでお願いすれば、オジリナルの財布が作れますよ。
名前も入れてもらえますから、長く使える記念品のプレゼントになるでしょう。

 

母親は女性なので、やはりプレゼントは華やかさを優先してあげたいもの。
お花やアクセサリーはその典型です。
プレゼント選びの最初に検討してみてください。。

70歳古希のお祝いに楽しい思い出が作れる旅行をプレゼント

古希のお祝いに、みんなで行く家族旅行をプレゼントする人も多いようですね。
旅行先でお祝いもしてしまえれば、思い出深い旅にすることができるでしょう。

 

近場の宿泊施設を利用

 

旅行することそのものが目的なら、その行き先が重要なポイントですが、今回は古希祝いのためにする旅行です。
どちらかと言うと、遠くの観光地などよりも近場の温泉旅館がいいでしょう。
体調のすぐれない方も多くなってくる世代ですから、行き来にも負担が少なく、無理のない距離で宿泊施設を選んだほうが、古希祝いを楽しむことに集中してもらえます。

 

中でも温泉宿は、古希祝いの後にゆったりと温泉に浸かれば疲れも取れますから、おススメです。
宿泊するなら、お酒が入っても安心。
みんなで盛り上がりましょう。

 

長寿祝いプランを持っている宿がお得

 

宴会場を用意している宿の中には、長寿祝い専用のプランを提供しているところもあるので、確認してみてください。
料理にはお祝いらしい縁起物が多く採用され、長寿祝いのために特別な趣向を凝らしていますよ。

 

長寿祝いと言えばテーマカラーのちゃんちゃんこは定番のアイテムです。
購入してしまうとお祝いの後で持て余してしまう結果も。
長寿祝い専用プランのある宿の中には、これらの定番アイテムを貸し出してくれるところもあります。
レンタルで済ませてしまってもいいでしょう。

 

ちょっとした盛り上がりアイテムは、レンタルで十分。
準備や片づけの心配もなく、手軽です。
参加者全員が楽しい思い出になるような、華やかな古希祝いにできるでしょう。

 

古希のお祝いとして家族で出かけた旅行は、主役にとっても一生の思い出。
良い思い出を作れるように、まずはサービスの充実した宿を探すことから始めてみてください。

古希のお祝いに腕時計を贈るなら高齢でも扱いやすい物を

古希のお祝いで父親などに腕時計をプレゼントする場合、最近のやたらと高機能なものよりも扱いやすいものを選んであげるのが基本。
70歳と言えば元気な方の多い世代ですが、目は年齢なりに弱ってくるもの。
高齢でも扱いやすい時計は重要なポイントですよ。

 

必要最低限の機能を備えたものを

 

古希祝いでのプレゼントなら、使う人の求める機能を最低限備えた、シンプルなものを選ぶことが大切です。
あまりにも機能が多すぎて、説明書を見なければ分からない腕時計は、なかなか使いこなせません。
細かなデジタル表示は読み取りが難しいです。
できるだけ表示の大きなものを選ぶのが間違いでしょう。

 

何よりも扱いやすさを重視すること。
ぱっと見るだけで、時刻の把握が簡単なアナログタイプのほうが迷いも少なくて良いでしょう。
タイマーやストップウォッチ程度の機能が備わっていれば、普通の用途としては十分に役立ちますから、余計な機能がないもののほうが喜ばれますよ。

 

使う環境に合わせて選ぶ

 

機能は極力省き、必要な機能だけが付属していたほうが、使う人には役立つものとなりますね。
特に操作の必要がないソーラー充電機能や、時計が狂うことを防いでくれる電波時計の機能などは負担になりません。

 

また、使う環境に合わせたものにしてあげることは、時計選びでも重要なポイントです。
釣りが趣味な人に、防水機能が付属していない時計では使いものにならないし、海釣りなら海水でも耐えられる時計を選ぶ必要があります。
登山を楽しむ人になら、気圧変化が読み取れる気圧計などの機能が入ったものが役に立つはず。

 

シンプルかつ扱いやすい腕時計を選んであげるのが重要ですが、その人の欲しい機能が無いのでは役に立ちません。
贈って喜ばれるように、まずはプレゼントしたい相手のリサーチから始めましょう。

70歳古希のお祝いに紫色の贈り物

70歳の古希プレゼントには、やはりテーマカラーの紫色を取り入れた贈り物がしっくり。
お花やベストなど、みんなが選んでいる注目商品をご紹介しておきますね。

 

花は花でも手間の掛からない花を

 

紫色の花はあじさいのように元々紫もありますが、品種改良によって紫が作られているものもあります。
花束の定番とも言えるバラは、淡い紫色のものが用意可能で、美しい花束になりそう。
しかし生花を贈った場合、定期的に水を与えることに手間がかかり、すぐに枯れてしまいます。
だから長い期間楽しめません。

 

そこで最近人気のプリザーブドフラワー。
まるで生花と思わせるような鮮やかな色合いでありながら、長持ちします。
また水を与える必要もなし。
まったく手間がかかりません。
花の種類も自由に選べ、色の決まったプレゼントに選びやすいです。

 

ちゃんちゃんこに抵抗のある人には

 

70歳とは言え、まだ気持ちを若い人も多いでしょう。
平均寿命も伸びて、健康な人も増えていますからね。
そんな若々しい人に長寿祝いで恒例のちゃんちゃんこを贈っては、年寄り扱いされているように感じてしまいます。

 

ちゃんちゃんこの話を出してみて、多少でも苦い表情が見えたのなら、ちゃんちゃんこの代わりにベストをプレゼントしてみてはいかがでしょう。
上着の下に着られるベストなら、自然に着こなすことができるはず。
ちゃんちゃんこは、お祝いの後に使いみちがなくて困ってしまう人も多いようです。
ベストならお祝いの後も日常で使えます。

 

古希祝いだからと言って、紫色にこだわる必要はありませんが、テーマカラーに沿ったものを選べば、お祝いムードを盛り上げることに役立ちます。
盛り上がりを狙って、紫色の贈り物を選ぶのもいいですね。

トップへ戻る