2016年話題の古希70歳のお祝い品

このサイトでは2016年の今現在、話題になっているすごく人気な70歳古希のお祝いプレゼントをランキングでご紹介しております。古希のプレゼント選びの参考にしてください。

 

古希のお祝いプレゼント

 

人気の古希のお祝いをランキング形式で紹介していきたいのですが、その前にとっても大事なことをひとつ。古希祝いプレゼントの選び方。そのポイントを解説します。

 

古希のプレゼントの選び方

古希のお祝いは一生に一度しかありません。毎年訪れる「誕生日」や「敬老の日」とは、希少性が全く違います。すごくプレミアムなお祝いです。古希をやり過ごすと、次にめぐってくる長寿祝いは、7年も先の77歳喜寿祝い。

 

なので、2016年のこの年にしかやってこない古希のお祝いには、70年という長い人生を一生懸命に歩んでこられた大切な人の歳月を想って、心のこもった特別なプレゼントを選んであげてくださいね。

 

 

70歳古希のお祝い贈り物ランキング

 

毛利達男の名前の詩の贈り物
男性にも女性にも人気の古希の贈り物

 

デジタル時代の今だからこそ、温もりのあるアナログのプレゼントが喜ばれます。毛利さんの名前の詩の贈り物は、70代の古希世代にはどこか懐かしい、故郷の原風景を想い起こさせる贈り物です。うさぎ追いしかの山、こぶな釣りしかの川…忘れがたきふるさと。

 

 

激動の昭和を生き抜き、激変の平成を歩んでこられた70年は、決して平坦な道ばかりではなかったはず。瞳を閉じて、その70年を想ったときに、湧きおこる「感謝の気持ち」と「尊敬の念」。毛利さんの名前の詩は、それを詩というカタチで表現しています。古希を迎える方の名前から、「あなたが伝えたい想い」を紡ぎ出しているのです。

 

 

職人が一枚一枚丹精込めて、すき上げた温かみのある和紙に、心癒されるやさしい手書きの墨文字。古希のお祝いに「癒し」と「感動」をプレゼントしたい方によく選ばれている贈り物です。

 


 

ショップを開設して14年。7万1500件以上の販売実績があります。本当に愛され続けている商品です。世界に一つしかない感動の贈り物。70歳のお祝いに感動をプレゼントしたいならおススメです。

 

 

詳細は下記のホームページへ。

 

 

 

 

 

 

花なまえの詩
特に女性の70歳のお祝いに大人気!


今や長寿祝いの定番の贈り物になっている「名前の詩」。70歳古希祝いも例外ではありません。古希のお祝いの品にすごく選ばれています。「名前の詩」というのは、古希を迎える方の名前から、詩を創作して縁起物のイラストともに額装してくれるサービスです。

 

古希祝い

 

「名前の詩」を提供しているお店はたくさんありますが、特にオススメは「花なまえの詩」というお店。お花を中心にした絵柄から女性の方にすごく人気の贈り物です。それもそのはず、制作はほとんどが、女性スタッフなんです。女性ならではの細かい気配りが、作品の端々まで行き届いていて、高いクオリティーを保っています。

 

そして、お客さんへの対応が親切丁寧だと評判です。いろいろなニーズにも快く応えてくれます。以前には、キリンビールさんの敬老の日のプレゼント商品に選ばれた実績もあるお店です。だから、安心してお願いできますよ。

 

花なまえの詩
花なまえの詩

 

他にも、「ハート桜」「幸福の黄色い蝶々」「幸せの青い鳥」「家族をつなぐ元気で長い木」「趣味のイラスト」「47都道府県から選べるご当地イラスト」「大好きなペットのワンちゃん、猫ちゃんの絵」「家族になぞらえたイラストには名前まで入れてもらえたり」と紹介しきれないサービスが満載。家族の絆ということを考えるなら、イチオシの贈り物です。

 



詳細は下記のホームページまで。

 

 

 

 

 

 

 

 

ピカソランドの似顔絵時計

長寿祝いは、「長い時を刻んできた」「これからも元気で楽しく時を刻んで欲しい」と、時計を贈られる方は多いです。70歳古希祝いも例外ではありません。お祝いの品によく選ばれています。ただ、普通の時計を贈っても芸がありませんよね。というところで、似顔絵時計です。

 

ピカソランド
画像の商品は還暦祝いのサンプルになります。

 

本来は、古希を迎えたお父さんお母さんの写真を送ると、似顔絵を描いてもらえるシステムです。衣装やポーズのバリエーションもたくさんありますよ。お酒の好きなお父さんには、似顔絵祝い酒もいいかも。

 

 

ピカソランド

 

 

 

 

 

 

エグゼタイムの体験型カタログギフト

物が溢れている時代なので、物を贈ってもなかなか感動してもらえません。そういった背景から物より事をプレゼントされるケースが増えています。事を贈るとは、温泉旅行やクルーズディナーなど体験ギフトを贈ることです。もし、お父さんお母さんが元気でいらしゃるなら、人気の温泉旅館やオシャレなレストランでの食事をプレゼントされてはどうでしょう?

 

エグゼタイム

 

楽しい体験は形としては残りませんが、思い出として一生心に残ります。古希のお祝いに思い出を作ってあげるのも、素敵なプレゼントですよね。

 

 

体験ギフト

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

70歳のお祝いで喜ばれるものは?

古希(70歳)を迎えた方への贈り物。予算はいくらぐらい?何をプレゼントすればいい?女性には?とお悩みの方は多いと思います。プレゼントって選んでいるときのワクワク感はありますが、何を選べばいいのかわからなくて困る…ということもありますよね。

 

相手が若ければサプライズの演出や、相手が予想もしていなかったもの、なかなか手に入らないものをプレゼントすればいいかもしれませんが70歳では、そういった贈り物よりも人間関係を深められるもの、愛情や感謝の気持ちがこもっているものが喜ばれます。家族みんなで温泉旅行に行き、ゆったりしながら思い出話をする。こういった家族団らんが人気です。

 

 

70歳になると、人間関係を良好にすることで精神的に満たされたり、日頃の疲れを取ることで健康になったりすることが喜ばれますから、家族みんなで温泉旅行という贈り物が人気なのはうなずけますよね。ご両親への70歳のお祝いプレゼントに悩んでいるなら、一緒に温泉旅行に行ってみてはいかがでしょうか。

 

2016年の古希のお祝い

2016年(平成28年)に古希のお祝いをする人は何年生まれですか?

古希は本来、数え年で数えます。なので、2016年に古希を迎える人は、1947年(昭和22年)生まれです。

 

しかし、最近では数え年で数えることはほとんどなくなりました。満年齢で数えるのが一般的です。そうい背景から最近は、満70歳で古希のお祝いをする方が増えています。満年齢の70歳ですと、1946年(昭和21年)生まれの方です。

 

古希のお祝いは、「数え」でも「満」でもどちらでお祝いしてもいいと思います。古希を迎える方・そのご家族の方の都合や事情で決めても。お祝いするタイミングは、家族が集まるお正月やお盆、誕生日や敬老の日などが多いです。

古希の祝い人気のプレゼント

70歳のお祝いとなる古希ですが、プレゼント選びには困ってしまう人も多いようです。理由としては、シンプルで還暦のような定番のプレゼントがないから。何かしらコレと決まったものがあれば、そこからアレンジしてプレゼントを贈ることも難しくはありませんが、何でも良いとなると、かえって選択肢が多すぎて、難しく考えてしまう人が多くなります。

 

基本的にはお祝いごとなので、特に難しく考える必要はありません。何も古希だからと特別なモノを用意する必要はなく、あくまでも長寿のお祝いだと考えて、いつもより少し盛大に誕生日を過ごすだけでも良いので、先ずは難しく考えないことが大切です。

 

 

それでも気になってしまうなら

人気の贈り物を考えてみるといいでしょう。例えば小物。日常的に使うもので、少し高級なものを贈ると喜ばれることが多いですね。70歳古希のお祝いの色は紫ですから、紫をワンポイントに使っている小物が好まれています。

 

ひと口に小物と言っても範囲は広いですから、日常的に使うものとして「湯飲み」「茶碗」「お箸」などの食器類をプレゼントしてはどうでしょう。使うたびに贈ったあなたのことを思い出してもらえますよ。

 

 

他に多いものとしては、オリジナルのグッズなどです。誰でもどこかで買えるものではなく、オリジナルの物を作ってもらってプレゼントするのも高い人気があります。例えば、似顔絵を描いてもらったり、プレゼントを贈る人の名前が入ったお酒などですね。男性女性、好みにあわせて選ぶようにすると喜ばれるでしょう。

 

食べ物

昔の方は特に、初物という食べ物を非常にありがたく思い、お祝いの際には食卓に並ばれていました。中でも江戸時代の人々の間では、初物を食べることで、「七十五日長生きする」という健康長寿の意味があるとされ、長寿のお祝いによく食べていたようです。初物とはその年初めて収穫された食べ物。昔の言い伝えや風習から今の時代でも、初物や旬のものをお祝い事の際に食べると縁起が良いものですから、古希のお祝いにはおすすめです。

 

最近ではお取り寄せグルメといって、普段なかなかお目にかかれない豪華な食材をネット通販で手に入れることができます。例えば、A5ランクの松坂牛のお肉には、証明書が付いて木箱で届けるサービスも。お祝い事と言えばお肉が定番ですが、しゃぶしゃぶ、焼肉、ステーキなどの豪華なセットも人気です。

 

 

馬肉で有名なお店から配達される高級な馬肉も、古希のお祝いにちょうど良いかもしれません。霜降りですが、意外とサッパリ。ヘルシーに食べられる馬刺しは、ご年配の方には最適です。

 

70代の方はお肉よりもうなぎを食べたい人も多く、美味しいうなぎを贈ってあげるのも良いでしょう。お食事と一緒に楽しめるワインやスパークリングなどもあります。詰め合わせとして贈るのもいいですね。お父さんが好きそうな日本酒や焼酎などを贈ってあげると、喜ばれると思います。女性はフルーツが好きな方が多いので、お母さんには旬のフルーツを贈ってあげる家族も多いです。

 

 

古希の祝い相場

古希は、70歳のお祝いのことですね。古希の言葉の由来は、中国の唐時代に活躍した詩人の杜甫が詠んだ詩にあります。70歳まで生きる人は希であるといった内容の詩です。ここから古希と言う言葉が使われるようになったとか。

 

 

基本的に古希の祝いは、プレゼントを贈る形が多いですが、代わりにお祝い金を送ることもあります。お祝い金を出すにしても、プレゼントを贈るにしても、相場がどのくらいか知っておきたい人も多いですよね。そこで、一般的な70歳のお祝いの相場です。

 

一般的な相場

 

子どもから両親へのお祝い

2〜3万円程度。

 

孫から祖父母の場合

1〜3万円程度。

 

親族へのお祝い

5千〜1万円程度が相場ですね。

 

祝儀袋

紅白のものや金銀の蝶結びのものが使われるの一般的。表書きとしては、祝興、古希御祝、寿福、などが代表的です。マナーを気にしない人も多いですが、やはり一生に1度しかないお祝いです。できればマナーに則ってプレゼントをするようにして下さい。

 

基本的にお祝いは気持ちです。金額の多い少ないではありませんから、気持ちを伝えられるような贈り物をするのが一番。

 

祝い金を贈るのも、プレゼントをするのも良いですが、ただ渡して終わりではなく、お祝いの場を設けたりすることで、喜んでもらえます。選択肢はたくさんあるので、その人にあった方法でプレゼントやお祝い金を渡すようにしたいですね。

 

 

70歳女性へのお祝い

女性への70歳のお祝いに喜ばれる贈り物は?
70歳の古希のお祝い。女性にはどういった贈り物が喜ばれるのだろ?悩んでいるなら、こちらのページを参考にしてください。

 

 

その他のお祝い

還暦プレゼント77歳のお祝い

 

 

 

更新履歴